問題が起きたときこそ、実はチャンス

問題が起きたときこそ、実はチャンス

以前に、認識をリセットするセッションをさせていただいた

整体師さんと久しぶりにお話しました。

 

整体師さん

「最近、問題が解決するスピードが早くなっているのだけれど、

何なのかがわからないことが、とても気になっているんです。」

 

「具体的には、どんなことが最近あったんですか?」

 

整体師さん

「前だったら人から何か言われると、

すぐに腹が立ってしばらく治らなかったんだけれど、

セッションをして今は、

それが私の思い込みだとわかるし、

セミナーで思い込みの外を認識できるから、

思いついた解決策をしてみたら、

物事が展開するスピードが早いんです」

 

「○○さん、人から何か言われると、

一瞬、私を支配するつもりなのって思いのパターンが条件反射的に働くけれど、

自分の思い込みのパターンだとその時に自覚できてるんですね。

 

怒りの感情に飲み込まれていた時は、

その怒りの中からしばらく出られなくてもがいていたけれど、

怒りがわく『根っこ』を自覚できて、

根っこの外にでられて、

 

 

心に余裕が生まれているから、

 

じゃあ、どうしたら解決できるかな?と考えることができてるんですね。

 

アイデアも湧くし、それを行動までするから、

解決できるスピードが速くなっているんですね。」

 

整体師さん

「わー、そうです。」

 

うっかり、問題があることを当たり前にしがちですが、

実は問題視するように見えるメガネをかけていただけなんです。

 

そのメガネをかけたまま、

何とかしようとして、人にアドバイスをもらったり、

本から何かを得ようとしていたり、

色んな思考錯誤しても、

似たようなことが繰り返されることってありませんか?

 

整体師さんの場合は、

「人は私を支配するんだ」というメガネを無意識でかけていました。

まさか、本人もそんなメガネをかけてるとは気づかないまま、

似た状況になると、同じ感情と考えと行動を繰り返してしまう

 

問題が起きたと感じた時は、実はチャンスなのです

 

普段からどんなメガネをかけてるのと出会えるチャンス。

別の表現すると、

問題の根っこと出会えるチャンス

 

根っこがわかることから問題は解決されていく。

先入観という力を入れて頑張る解決から、

力が抜けることで自然と解決されていく道があるのです。

 

面白い、認識の世界です。

覗きに来てくださいね。

 

お問い合わせ

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。