自己紹介

初めまして、赤尾共子です。
石川県に生まれ、京都→東京を経て
今、札幌に住んでいます。

ずっと探してたテーマがあります。
違いを超えて、お互いの気持ちを循環する関係性ってどうしたらいいの?

私は4人家族の次女に生まれました。
両親共働きで、気が付いたときには1日の大半を保育園で過ごしていました。

お母さんと一緒に居れないなら、保育園で友達と思い切り楽しく過ごそう
そんな気持ちで遊んでる日常。

その頃の私は、自分と友達を別と思う境界線は全くなくて、
みんなと一体感を感じながら遊んでいました。
みんな同じ。
それが当たり前で疑いもしない感覚。

そんなある日、事件が起きました。
今日も楽しく遊んだなーと何か大きな達成感(笑)さえ感じていた時に、
急に先生が私に何か怒っている。

?一体何が起きたの?
動揺して頭が真っ白になりながら、話を頑張って聞いてみると
楽しく遊んで共に今日も偉業を成したぐらい思っていた友達が、
実は無理やりやらされたと先生に訴えていた。

先生に怒られてる怖さも感じていたけれど、
それ以上に、
友達の気持ちに気づけなかったことにすごくショックで、
自分が思い切り楽しむことで誰かを傷つけてしまうと思うと、とても怖くなった。

違いと出会った瞬間
私とあなたは違うんだ!

どうしたらいいの?不安や悲しみがいっぱいになりながら生まれたquestion。
違いを超えて、お互いの気持ちが循環する関係性ってどうすればいいの?

 

探し物はどこにあるんだろう
大人になったらわかるのかな?
これを解決する仕事に就きたいとも、いつからか思うように。

思いつくことは実験したり、探しまくりました。

 

自分の気持ちを抑えて、相手の気持ちを察しようとしてみたり
そして、いっぱいになった気持ちを泣きながら話してみたり、

人間関係はシーソーのよう。
相手の気持ちを優先させると、私の気持ちをおさえてしまう
私の気持ちを遠慮せすに言うことは、相手を我慢させてしまうことも

大きなジレンマ。

そして、思いついた。

そうだ、大学で心理学を学ぼう!
本当に知りたいことが勉強できる 号泣。

けれど、
心理学実験を通して確率から傾向や分析はできるけれど、
大好きなと友達のありのままとは出会えない。
自分の思い込みを見てるんだ。
違いを融合できる教育を仕事にしたい!と思ってきたれど、
この世界に仕事がないんだ。ショック

何か探したい一心で

無人島に行ってくるわ
バックパッカーしよう
宮古島に一緒に行こう
いや、バリが呼んでるから行ってくるわ
世界一周しようか
琴、事務、フラワーアレンジメント、ウエディングバルーン、パーソナルカラー、保育

いろんな世界に触れられて視野は広がったけれど、
その反面

いつの間にか探すことに気を取られて、
周りの人を振り回して、
周りの好意も見えなくなって、
違いが怖くて、循環したいけど、実は傷つくのが怖くて、
目の前の関係が深くなると傷つく前に自分からここじゃないどこかに逃げてた。
その繰り返し。

挙句の果てに会ったこともない友達の彼氏からも、あの子大丈夫?と心配されるくらいに・・・
ちなみに今でも同窓会で会うと友達は聞かれるそうな。

探すのそろそろ諦めて、生きないといけないんじゃないかと思うけど、
お互いの気持ちや意見が循環する関係のある生き方・働き方
諦めきれない思いが心の奥の方にあって
葛藤してるときに認識技術と出会いました。

なんで人と人が分かり合えないのかをを理解できたときにびっくりしました。
過去に経験した世界から出て、相手と出会えない脳の仕組みがあることに。
だからこの世界から争いも終わらないまま。

違いを超えていける世界はあるの??
そんなこと本当に可能なの??

知れるかもしれないワクワク感と、
ここまで探してなかったのだから、これが最後だなと腹をくくる思いでセミナーを受講

違いがない世界から違いが生まれるメカニズムが見えた。
そう、違いから始まったら、違いは傷つけ合ってしまうもの
出発が違っていたんだ

力が抜けた。
自分だけでなんとかしようと相手の話を聞きながら無意識でたくさん考えてた。
頭が静かになって、
違いがないところから自分の声も相手の声もよく聞こえるようになった。

コニュニケーションはInput(0)とoutput(∞)の循環
自分の意見だからと遠慮する心が消えて、
大事なときにざっくばらんに自分の気持ちを堂々と相手に伝えられるようになった。
相手ことはわからないから、たくさん質問や確認しながらチームプレーするようになった。
違いが宝に。

今ここ出て会う=出会い

 

 

循環する関係モデルをお伝えしています。
違いを超えた協力関係を作りたいけれど、できない原因がわからない。
けれど諦めたくないし、
何か悔しい、
違和感や葛藤感じている人。

その葛藤は、AI時代に必要な新しい人間のあり方.関係再構築のメッセージだと私は捉えています。

自分との関係
相手との関係
チームの関係のリセッティングして、再構築

出て会う、循環する関係づくりの感動をあなたと共に
気になる方はぜひご連絡ください。