心の豊かさは、とてもリアル

心の豊かさは、とてもリアル

心の豊かさに、抽象的な印象ってないですか。

なんか良さそうだけれど、
具体的には掴みにくい印象を持つ人もいると思います。

心の豊かさってなんだろう?

◉心が豊かじゃなくなること
=心が思い込みや決めつけの箱の中にどんどん入っていくこと

◉心が豊かになっていくこと
=経験した世界の箱の外に出て、今ここ大自由に心のポジションがあること

大空を飛んでいた鳥が、
建物の窓があいていて、うっかり入ってしまう。

そして鳥は出たい出たいともがいているうちに、
さらにその奥の小部屋の扉が開いて、
小部屋の中に入り込んでしまう。

小部屋の中で狭いともがく鳥の姿は、
人が経験をするほどに、
「知る」という小部屋の中にどんどん入ってしまうことに似ています。

 

経験を通して、あなたは何を知りましたか?

この世界に対して、
自分に対して、
人に対して、

何を知りましたか?

世界とは◯◯なんだ
自分とは、△△な存在なんだ
人て□□なものだ

何かしらの経験を通した先入観を持っていませんか。

私は小さい頃の経験を通して、
以前は「自分に問題がある」の小部屋からこの世界を見ることが習慣になっていました。

そんな小さな小部屋にいるとも気がつかずに、
「どうしたら問題のない自分になれるんだろう」と空気を吸うように自然に思っていた気がします。

「問題がある」小部屋から見る世界は、
無邪気に、
好奇心のままでいることを難しくさせていました。

なんだか、一歩引いてしまうのです。

けれど、それと同時に悔しくてたまらなかった。

自分を使い切りたいし、
この世界と先入観なしの純粋な出会いがしたかったから。
悔しくて、涙が出たことのありました。

今「自分に問題がある」の箱から大自由になった特に、
自然と沸き起こるのがすっきり感。

思い込みの小部屋がどれくらい窮屈だったのかは、
小部屋から外出した時に、
その大自由さと小部屋にいた時の違いが比較できるので、
とてもよく違いがわかるようになります。

そろそろ、経験の外に外出しませんか?

お互いがスッキリの心のポジションがから、出会い、関係性を紡いでいくことほど、
リアルで、心が豊かで、幸せなことなないと感じます。

今日もお読みいただきありがとうございます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。