脳を抱きしめてあげる観点

脳を抱きしめてあげる観点

過去の経験からくる思い込み=脳の観点

私の場合は、
保育園で仲良く遊んでいたと思っていた友達が、
先生に私への不満を伝えて、一歩的に先生から怒られた経験が強く脳に残っています。

その記憶と繋がりやすいのが、
人が自分を守ることに必死で、私を責めるような表現をしている状況の時に、
心が引いてその場から立ち去りたい気持ちになるパターンがあります。
人に対する諦めのような感覚が来るのです。

最近、ふっとその感情が湧き、
パターンが出てるなと自覚することがありました。

その感情を味わうのが久しぶりで、
一瞬戸惑い、
ちょっと時間をおいて、整理するのに自分のことを信頼してる人に話しました。

うっかり。

自分の脳の観点からくる感情に、私がジャッジしていたことに。
その瞬間、
脳の外から、脳の観点を抱きしめてあげることができて、力が抜けました。

時に人に助けられながら、
今ここ過去の観点をリセットして、
新鮮な今ここと出会い直せるライフスタイルは私のお気に入りです。

今日もお読みいただきありがとうございます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。