道のない道を歩ける時代

道のない道を歩ける時代

今の時代は、混迷の時代と言われている

誰も歩いたことのない道を歩くことは

未知の世界だから、

やってみるしかない

作ってみるしかない

いまいちなら壊して、別のことを試してみるだけ

大事なのは、方向性を間違えないこと

方向性さえ合っていれば、

細かいことは想像して創造していくことを楽しむ心が必要なのだなと知った。

 

時代が向かっている方向性はどちら?」

 

道なき道を歩ける時代だからこそ方向性を見定めることが本当に大事です。

私は時代の変化の方向性は、

物のバージョンアップから、人のバージョンアップだと考えています。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。